ホーム > 治療・検査について

治療内容 treatment content

治療について

薬物治療

現在の精神疾患の治療の第1選択肢となっています。世界中で研究されており、治療効果や内服方法、副作用について、豊富な情報があります。その中から、患者さんそれぞれの症状に適した内服薬を提案します。

心理療法・カウンセリング

医師の診察の話し合いでは、症状や治療環境など患者さんを包括的に理解し、薬物治療など『脳』『身体』にアプローチする内容が重視されます。一方、心理カウンセリング・心理療法では『こころ』と『行動』に直接働きかけ、日常生活における活動の変化を目指します。

うつ磁気刺激療法(TMS)

磁気を用いて脳の特定部分を活性化することで脳血流を増加させ、脳の機能の改善を図る科学的根拠のある治療です。欧米では認可され広く活用されています。薬物治療に比較して副作用が少なく安全性の高いことが特徴です。

訪問看護

患者さんが安心して日常生活が送れるように、メンタルヘルスに精通した看護師、精神科作業療法士、精神保健福祉士がご自宅を訪問し支援を行います。子どもから高齢者まで幅広く対応可能です。

検査について

心理検査

長谷川式簡易知能評価スケールやアルツハイマー病評定尺度―認知―日本版(ADAS-COG-J)の他、幼児から行える検査なども実施しております。

睡眠ポリグラフ検査