ホーム > クリニックブログ > 自立支援医療制度について その②

自立支援医療制度について その②

〈自立支援医療制度について〉

 

•メリット•

医療費の負担軽減ができる。

 

•デメリット•

・毎年更新手続きが必要

(診断書の提出は2年に1度です。)

指定自立医療機関の登録を変更するときには、手続きが必要です。

 

 

•申請・更新方法•

 

★精神障害者保健福祉手帳と違い、初診から6カ月経過しなくても申請ができます★

 主治医や看護師、精神保健福祉士などと申請について相談をしてください。

 

 〈申請必要な物〉

診断書

認め印

健康保険証(医療保険の被保険者証の写し)

12桁の個人番号(マイナンバー)

 

 更新の際は、2年に1度診断書が必要です。

 更新手続きは期限の3か月前からできます。

 かかりつけ病院、精神科デイケア、かかりつけ薬局、訪問看護事業所の住所、電話番号を調べておくと申請書に書けるので便利です。

(新規申請、更新、再交付、等級変更、手帳の紛失時、住所変更など、条件により持ち物が変わる場合がありますので、各窓口に確認してください)

 

 精神障害者保健福祉手帳の申請も希望されているときは、自立支援医療(精神通院)と同時申請もできます。